乾燥しやすい目元を化粧水とコットンで簡単にケアする方法

乾燥しやすい目元を化粧水とコットンで簡単にケアする方法

化粧水をたっぷり使っているのに乾燥が止まらないという悩みはよく聞きます。私も昔から乾燥肌なので、できるだけ濃厚で肌なじみの良い化粧水を選ぶようにしているのです。

 

肌の乾燥がひどい時は化粧水の量を増やしたり、乾きやすい目元には特別なケアをしています。コットンに化粧水をたっぷりと含ませて、仰向けに寝て目を閉じ、まぶたの上にコットンをのせます。横長にカットしたラップを上からのせて、化粧水の蒸発を防ぎます。

 

そのままだとズレ落ちてしまうので、アイマスクをして固定させ、5分間ほど待ちます。その間に両まぶたから化粧水が奥まで浸透して、目の周りの肌を潤ってくれるのです。同時に目の疲れも癒す効果があり、終わった後は視界がクリーンになるのも良い特徴です。

 

待つ時間についてですが、コットンは5分以上経つと乾きやすく、逆に水分を取られてしまう恐れがあるので、長時間放置しないように気をつけてください。この方法はいわば即席のホットマスクで、思い立った時にすぐ出来るので便利です。

 

化粧水を塗った後に、すぐにアイクリームで保湿する方法もありますが、時間があるならこのケア方法を試してみてください。ひと手間加えてからアイクリームを塗ったほうが、保湿効果が全然違いますからお勧めです。

 

エイジングケアとしても有効で、この方法を試すようになってから、目元の小じわが気にならなくなりました。結構を良くする効果があるので、目のくぼみに悩んでいる人にも向いています。コットンと乾燥肌におすすめの化粧水があれば簡単にできるケアですから参考にしてください。